アトピー性皮膚炎の治療法は人によって千差万別、その原因やメカニズムを知ることで自分にとって最適な治療法を見つけることができます。

アトピー性皮膚炎の原因と治療アトピー性皮膚炎の原因と治療

homeBBSsitemapLink

◆ステロイドの種類

副腎皮質ステロイドは生体が分泌しているヒドロコルチゾン(コルチゾール)と同じ作用を持ち、その多くは作用が さらに強力になる(プロドラッグ:脂溶性を高くすることで皮膚への吸収率を高めるなど)ように合成されています。

ヒドロコルチゾン、プレドニゾロンは電解質代謝(鉱質コルチコイド作用)の副作用ががありますが、半減期が短い ため内服で主として使われます。ベタメタゾン、デキサメタゾンは電解質代謝の副作用がない上に、糖質コルチコイド 作用が強いため好んで使われますが、その作用の強さゆえに副作用も出やすくなります。

ランク 商品名 一般名
strongest
(最強)
デルモベート プロピオン酸クロベタゾール
ジフラール
ダイアコート
酢酸ジフロラゾン
very strong
(かなり強力)
メサデルム プロピオン酸デキサメタゾン
リンデロンDP シプロピオン酸ベタメタゾン
マイザー ジフルプレドナート
ネリゾナ
テクスメテン
吉草酸ジフルコルトロン
トプシム
シマロン
フルオシノニド
ビスダーム アムシノニド
アドコルチン ハルシノニド
ブデソン ブデソニド
パンデル 酢酸プロピオン酸ヒドロコルチゾン
アンテベート 酢酸プロピオン酸ベタメタゾン
フルメタ フランカルボン酸モメタゾン
strong
(強力)
リンデロンV(G) 吉草酸ベタメタゾン(ゲンタマイシン配合)
プロパデルム プロピオン酸ベクロメタゾン
ザルックス
ボアラ
吉草酸デキサメタゾン
リドメックス 吉草酸酢酸プレドニゾロン
フルコート
フルゾン
フルオシノロンアセトニド
エクラー プロピオン酸デプロドン
medium
(中等度)
ケナコルトA
レダコート
トリアムシノロンアセトニド
テストーゲン ピバル酸フルメタゾン
ロコイド
プランコーン
酢酸ヒドロコルチゾン
キンダベート 酢酸クロベタゾン
アルメタ プロピオン酸アルクロメタゾン
weak
(弱い)
オイラゾンD
グリメサゾン
デキサメタゾン配合剤
デキサメサゾン デキサメタゾン
プレドニゾロン プレドニゾロン
コルテス
テラ・コートリル
酢酸ヒドロコルチゾン
ドレニゾン フルドロキシコルチド
ダブベタ ベタメタゾン
セレスタミン ベタメタゾン+マレイン酸クロルフェニラミン
オイラックスH ヒドロコルチゾン

※緑文字は内服or内服もあり。ドレニゾンとエクラーはテープもあり。

ステロイドの作用・副作用

リバウンドについて

アトピーの治療薬

アトピーの治療法

アトピーのメカニズム


若葉狩り病気情報検索デスク
Copyright(C) Wakabagari. All rights reserved.